ハワイ最新情報

Double Lines
2016年 6月 1日

ハワイアン航空、プレミアムキャビンにフルフラットシートが登場

ハワイアン航空

ハワイアン航空、プレミアムキャビンにフルフラットシートが登場
ハワイアン航空は、広々とした空間を提供するプレミアムキャビン(ビジネスクラス)に、フルフラットシートを装備した最初のエアバスA330 型機を受領しました。今回装いを新たにしたプレミアムキャビンの客室には、現代的でラグジュアリーなハワイらしいデザインが採用され、ポリネシア人の航海の歴史に敬意を払い、輝く星座があしらわれています。


ハワイアン航空の代表取締役社長兼 CEO であるマーク・ダンカリーは、「ハワイアン航空の特注フルフラッ トシートと、装いを新たにしたプレミアムキャビンは、ハワイへのレジャー旅行体験に新たな風を吹き込みま す。ハワイ流のホスピタリティがもたらす極上の安らぎの中でお客様をおもてなしすべく、新たなシートとキ ャビンを細部にわたって作り上げました」と述べています。

曲線状の衝立が穏やかな波を連想させる 18 席のフルフラットシートは、幅 20.5 イン(52cm)、長さ 76 インチ(193cm)のフルフラット・ベッドを採用し、お客様のスペースを最大化するだけでなく、プライバシーを確保することも、隣の座席のお客様とフライト体験を共有することも選択可能です。座席は 2-2-2 のレイアウトで配置され、レジャー旅行を目的としたカップル、家族、ハネムーナーだけでなく、出張旅行に向かうお客様にも上質のフライトをご提供します。また、座席操作はとてもシンプルで、USB ポート 2 つと電源コンセント 1 つを含む複数の電源を備えています。

さらに、快適で見やすい位置に角度を調整できる次世代大型タブレットによる、上質な機内エンターテイン メントもご利用いただけます。

プレミアムキャビンには、カリフォルニアのブランド&設計コンサルタントである PaulWylde 社との協業により、 風や海を連想させる、流れるような曲線と自然な感触、明るく鮮やかな色彩が取り入れられています。特注 シートは旅客重視のデザインで知られるイタリアの Optimares 社によって開発され、世界的に有名なポルト ローナ・フラウ社製の高級レザーが採用されています。波を連想させる背もたれ、アシの茎を樹脂に埋め込 んだ可動式のパーテーションでプライバシーを確保。プレミアムキャビンとメインキャビン(エコノミークラス) の客室との間には星座模様のパネルが設けられており、ハワイらしい大地、砂、海、自然なデザインや天然 素材が取り入れられています。

上品に輝く光ファイバーライトで表現されている「マカリイ」は、冬に北半球に出現する星団です。「マカリイ」 は、「プレアデス星団」、欧米では「7 人の姉妹」として知られており、古代ポリネシア人の太平洋航海を導く 道具としての役割を果たしました。「マカリイ」はハワイアン航空にとっても特別な意味を持っており、ハワイ アン航空の初就航日である 1929 年 11 月 11 日に空高く輝いていたことも加わり、ハワイアン航空の A330 初号機は「マカリイ」と命名されました。

ハワイアン航空は、昨年、プレミアムキャビンの刷新計画を発表しました。その一環として、ご好評をいただ いているプレミアムエコノミー「エクストラ・コンフォート」への需要にお応えするために、すべての A330 型機 において「エクストラ・コンフォート」を 28 席増席いたします。「エクストラ・コンフォート」は、シートピッチが 36 インチ(約 91.5cm)となっているほか、空港ゲートにおける優先搭乗サービス、個人専用電源コンセントな どの特典をご用意しています。

ハワイアン航空が保有する現在の A330-200 型機は、2 通路のワイドボディーで乗客定員294 名、うちビ ジネスクラス 18 席、エクストラ・コンフォート 40 席、エコノミークラス 236 席となっています。客室デザイン刷 新後は、乗客定員 278 名、うちプレミアムキャビン 18 席、エクストラ・コンフォート 68 席、エコノミークラス192 席となります。エコノミークラスは従来通り、シートピッチ 31 インチ(約 79cm)の広々としたレッグスペー スが確保されています。

装いを新たにした A330 型機のプレミアムキャビンは来月より複数の米国西海岸路線にてサプライズ的に 運用を始め、今年の秋以降 2018 年前半頃までに順次本格導入を開始致しますが、日本路線への導入時 期は未定です。

ハワイアン航空のプレミアムキャビンおよびフルフラットシートの詳細は、www.hawaiianairlines.co.jpをご覧ください。
ニュース閲覧数:13927回