ハワイ最新情報

Double Lines
2016年 8月 26日

絶滅危惧のウミガメ6匹を海へ放流

マウイ・オーシャン・センター

マウイ島マアラエアにあるハワイ最大の水族館「マウイ・オーシャン・センター」 では、今月末、2歳になるウミガメの海への放流を行います。今回旅立つのは、2014年7月4日にシーライフ・パーク・ハワイで孵化し、「ハワイアン・グリーン・シータートル教育ローン・プログラム」を通じてマウイ・オーシャン・センターにやってきた6匹のアオウミガメの子どもたちです。センターでは、孵化したばかりの子ガメが健康に発育できる安全な環境を与えると同時に、来館者たちに絶滅の危機に瀕したハワイのウミガメについて学ぶ機会を提供しています。マウイ・オーシャン・センターでは、1998年からこれまでに60匹のウミガメの赤ちゃんを飼育し、放流してきました。
ニュース閲覧数:37回 詳細
2016年 8月 26日

アラン・ウォンズ・ホノルルのメニューに「マウイヌイ・ベニソン」が登場

アラン・ウォンズ・ホノルル

アラン・ウォンズ・ホノルルでは、新メニューにハワイ産の野生のベニソン(鹿肉)「マウイヌイ・ベニソン」を使った料理が加わりました。

「マウイヌイ」とは、かつて一つの島だったラナイ島とモロカイ島とマウイ島の総称で、マウイヌイ・ベニソンは、100%自然な環境で育ったアクシスジカという種の野生鹿を持続可能な手段で、USDAの厳しい検査のもと捕獲したもの。草の新芽や低木などの植生を好み、ハワイの豊かな自然の恵みで育った新鮮なアクシスジカの肉は、ベニソンの中でも臭みやクセのない豊かな味わいが特徴です。もとはインド原産で1800年代にハワイに持ち込まれたアクシスジカの数は、現在、マウイ、モロカイ、ラナイの3島合わせて7万~11万5000頭と過剰に増え続けており、生態系保護の観点からも大きな問題となっています。「マウイヌイ・ベニソン」は、その深い味わいだけでなく、環境保護やサステイナビリティの観点からも優れた注目の食材のひとつです。

アラン・ウォンズ・ホノルルでは、季節によって異なる旬のローカル食材を使ったベニソン料理を提供しています。

ウェブサイト:www.alanwongs.com
ニュース閲覧数:46回 詳細
2016年 8月 26日

新インターナショナル マーケットプレイス内に、店舗を再オープン

クレイジーシャツ

50年以上に渡り愛されているハワイのTシャツブランド『クレイジーシャツ』では、再開発に伴いワイキキの新たなランドマークとして生まれ変わったインターナショナル マーケットプレイス(以下、IMP)内に、このたび新店舗をオープンした。1964年に創業したクレイジーシャツの歴史は、旧IMP内のカラカウア通り沿いにあった藁葺き小屋からスタートした。そんなことから1号店跡地である新IMP内にオープンするこの新店舗は、クレイジーシャツ経営陣にとっても特に思い入れが深い。
ニュース閲覧数:98回 詳細
2016年 8月 18日

結婚式やパーティの結婚式やパーティの緊張からほっと一息 「ナ ホオラ スパ」のウェディングトリートメント

ナ ホオラ スパ

ハイアット リージェンシー ワイキキ ビーチ リゾート アンド スパの「ナ ホオラ スパ(Na Ho’ola Spa)」は、新郎新婦はもとより、列席のお友達やご親族、そして新郎新婦のご両親まで、ウェディングでハワイにいらっしゃる皆様に心身共にリラックスして、最高のハワイウェディングをお過ごしいただくための新トリートメントを発表しました。ワイキキビーチを見渡すスパで贅沢な癒しの時間を過ごして、夢に描いたウェディングのためのプランに追われて疲れた身体や、慣れない外国での緊張した気分をほぐし、大切な1日を最高の笑顔でお迎えください。
ニュース閲覧数:80回 詳細
2016年 8月 13日

ホノルルクッキーが、2016 年サマー・コレクションを新発売

ホノルルクッキー

ホノルル・クッキー・カンパニーでは、従来のパイナップル形に加え、スプリング・コレクションで好評だったキュートな花の形のクッキーと、夏らしいサーフボード形のクッキーを詰め合わせ、トロピカル・スピリットを表現したサマー・コレクションの発売を開始した。サマー・コレクションは、トロピカルフラワーがデザインされた、色鮮やかなかわいいピンクとイエローのボックス入り。
ニュース閲覧数:323回 詳細
12345678910 最後