ハワイ最新情報

Double Lines
2016年 3月 2日

ハワイアン航空、ハワイ人気レストラン「Koko Head Cafe」のシェフ リー アン ウォンとの新機内食を発表

ハワイアン航空

ハワイアン航空、ハワイ人気レストラン「Koko Head Cafe」のシェフ リー アン ウォンとの新機内食を発表
ハワイアン航空は、本日より、日本路線(東京、大阪、札幌)全ての定期便において、機内食をリニューアルいたします。11月30日(水)まで提供する今回のメニューでは、オアフ島の人気レストラン「Koko Head Cafe」のオーナーである有名シェフLee Anne Wong(リー・アン・ウォン)と引き続きコラボレーションします。


日本出発便で提供するウォンシェフ監修の機内食には、ハワイの伝統料理「カルアピッグ」をアレンジした「豚バラ肉のカルアスポーク」や、リリコリソースをあしらった杏仁豆腐、「Koko Head Cafe」でも提供しているオリジナルメニュー「エッグ"ハンドイッチ"」が含まれ、ハワイ到着前に一足早く機内で「ハワイらしさ」をお楽しみいただけます。

ハワイアン航空の機内サービス「Mea Hookipa」(「私がおもてなしいたします」の意)は、ハワイの文化、人々、アロハスピリットをリネンとおしており、ハワイアン航空にしか提供することができない本物のハワイ体験としてこれまで多くのお客様に受け入れられてきました。

また、羽田発便で使用する豚肉には、千葉県北総台地で養豚場を営む在田農場の「恋する豚研究所」のブランド豚を初めて採用し、安心・安全でおいしい豚肉料理を提供いたします。

ハワイアン航空とウォンシェフとのコラボレーション詳細
www.hawaiianairlines.co.jp

日本発着の各路線の機内食メニュー
www.hawaiianairlines.co.jp
ニュース閲覧数:9529回